枚方SS志波ブロックの競泳日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
其の2
2009-05-02 Sat 07:17
KTV茨木・・・フィットネス中心の大型店舗・・・

スイミングスクールも行ってましたが、子どもの数もごくわずか・・・もちろん選手コースなし・・・

成人の皆さんはとても良い方ばかりで楽しく指導させていただきましたが

何かが違う・・・何か物足りない・・・

同じ思いでいた方が石橋より赴任した選手をバリバリ指導していた尾崎コーチ。

5階のコーチ室で2人選手指導についてよく話をしたものでした・・・

いつかきっと選手のできる施設へ・・・とそう話をしていたように思います。

そんな悶々とした思いを内に秘めおよそ2年間過ごしました。

そしてついに運命のときが来るのです。

KTV枚方が独立をするということでアルバイト時代にお世話になった大林コーチから

『枚方で一緒にやらへんか?』

『選手やらしてもらえますか?』

『ええよ』

『それではよろしくお願いします!』

大林コーチと一緒に仕事ができることそして選手コーチができること

ということで二つ返事で枚方へ行くことを決心したのです。

1995年の1月より枚方へ

早速、大林コーチのアシスタントについて選手指導開始。

はっきり言って大林コーチのオーラもすごいものがありました。

なんせ中西悠子の礎を築いた方ですから。いろいろ勉強させてもらいました。

そして3ヶ月ぐらいしてから担当をさせてくれることになったのです。

がむしゃらに頑張りました。

そして1996年に担当した選手が初JOへ

『山川大介くん』『烏野奈美ちゃん』2人とも平泳ぎでの出場でした。

特に奈美がなみはやドームの飛び込みプールでJOきったときのはうれし涙を

流したように覚えています。

そしてジュニアオリンピックにも行かしてもらえるようになり

全国のすばらしい先生方とも出会えるようになりました。

そして今後の自分に大きな影響を与えたコーチがいらっしゃいました。

紀州ドルフィンの榎本先生です。セントラル四条畷の榎本先生のお父さんです。

自分からしたらおじいちゃんといったくらいの年齢の白髪の先生でしたが、

タオルをまわしながら大きな声で応援し、情熱がほとばしるすばらしい先生でした。

自分も榎本先生のように生涯現役の熱いコーチでいたいと思ったのです。

そして太田コーチという存在のおかげで全国の有名コーチ、そして日本代表コーチの先生方とも

お話させていただく機会がありました。いろんな勉強をさせていただき本当に感謝しております。

また、このように選手指導を思いっきりやらせてくれる会社の方針にとても感謝しています。

まだまだ書くことはいっぱいあるような気がしますが、

これが自分のコーチのルーツというか歴史のお話でした。

次は、また違うことを書こうと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<太田魂 | シバッちの競泳への道 | シバッチのコーチとしてのルーツ>>
この記事のコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-05-02 Sat 09:42 | | #[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-05-02 Sat 17:25 | | #[ 内容変更]
コメントを頂いた皆さんありがとうございました。星田でも精一杯頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。
2009-05-02 Sat 17:58 | URL | siba #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| シバッちの競泳への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。